赤ちゃんとの素敵なくらし「まめコミ」BeanStalkのメンバーズクラブ
新規会員登録はこちら
まめコミって何?
ログイン シリアルナンバー登録はこちら

ママ栄養士まっきーの部屋
母乳絵本TOPへ
早生まれの赤ちゃんにエール!

こんにちは!ママ栄養士まっきーです!

今年もあっという間に1か月が経ち、早くも2月に入りました。

さて、早生まれの赤ちゃんをお持ちのご家庭における共通のお悩みのひとつに、「いろんな場面の成長で同年代の子ども達と差がついてしまわないか?」という点があるかと思います。我が家も例外ではなく、2月生まれの長女の場合、時折気にする事がありました。

単純にびっくりした事は、1歳で保育所に入園した時に4月生まれのお友達と2月生まれの長女で「出来る事」と「出来ない事」の差でした。

まもなく2歳になるお友達は、お食事もしっかりした幼児食、ボールを蹴ったり、言葉を話したり…一方我が子は、離乳食は完了したものの、まだまだ食材の大きさ、固さにも気を使い、歩き方も不安定で、同じ年代なのに我が子がずいぶん赤ちゃんに思えたものでした。

でもそんな差を感じるのは、大人だけなんですよね。子供同士はそんな差があっても、全く気にせず楽しく遊んでいました。

勉強の面では小学生位になると若干、おいてけぼり感を感じる事もあるかも知れません。そんな時はどんな言葉がけがよいか迷ったものの「生まれるのが遅かったんだから、全く気にする事はないんだよ…」と励ましたものです。

そして、今では早生まれでの成長の差を感じる事はほとんどありません。最近は女の子特有の「私はお友達の中で一番若い!」を嬉しがっています。親はついつい子供の発育面・勉強面で周りのお友達と比べてしまいがちですが、ゆっくり成長していくのも子どもの“個性”として尊重してあげたいですよね。

二度の出産・育児休職を経て、ビーンスタークの栄養士として活躍。ママへの栄養アドバイスの経験を活かし、まめコミサイトのメルマガなども担当。二人姉妹のママです。