menu
ログイン
home > 離乳食おすすめレシピ  > 離乳食のすすめ方  > 離乳後期 9~11か月頃

離乳食のすすめ方

月齢で見る離乳食プラン
離乳後期(9~11か月)

この頃は、歯ぐきがだんだんしっかりしてきて、ものを噛んで食べられるようになります。食べ物の種類やメニューも増やしてあげましょう。

離乳食は「歯ぐきでつぶせる固さ」がポイント!離乳食の回数も1日3回に!

スプーンも自分で持ちたがるので、ママやパパが手をかしてあげながら食べさせてあげましょう。

9~11か月のポイントは?

「バナナ、指でつぶせる」ぐらいのやわらかさがめやす
この時期の離乳食はある程度の多きさのものを歯ぐきで簡単につぶせる位のやわらかさにします。

鉄の摂取にベビーフード・粉ミルクを利用しましょう
9か月ごろから、鉄が不足しやすくなります。
特に母乳が栄養の主体になる場合、生後9か月ぐらいになると鉄欠乏から鉄欠乏性貧血に進むことがありますので注意が必要だといわれています。離乳食にはできるだけ赤身の魚や肉、レバーを多く使用しましょう。 粉ミルクを使用するのもいいですね。
もちろん、レバーを使用したベビーフードなら手軽で簡単に鉄が摂れます。

離乳食の回数は1日3回食に
もう赤ちゃんの栄養は、半分近くが離乳食から補給することになります。食べる回数を3回に増やして、赤ちゃんが飽きないようにメニューを工夫することも大切です。
ケチャップやマヨネーズを少し使って味に変化を出すのもいいですね。

いつあげるの?

1日3回、授乳の前に食べさせます。できれば毎日同じ時間にあげましょう。

AM6:00 AM6:00   母乳・ミルク 母乳・ミルク    
AM10:00 AM10:00 母乳・ミルク 母乳・ミルク + 離乳食 離乳食
PM2:00 PM2:00 母乳・ミルク 母乳・ミルク + 離乳食 離乳食
PM6:00 PM6:00 母乳・ミルク 母乳・ミルク + 離乳食 離乳食
PM10:00 PM10:00 母乳・ミルク 母乳・ミルク    

どんなものをあげるの?

赤ちゃんが飽きないように、メニューと味つけに工夫しましょう!

炭水化物グループ

からだの力や体温のもとになります。こんなものを食べさせてね。

  • おかゆ~やわらかめのごはん
    1回分の量:全がゆ90g~軟飯80g
  • トーストパン、バターロール
    そのまま。
  • マカロニ・スパゲティ
    やわらかくゆでる。
  • じゃがいも・さつまいも
    つぶし方を粗めにする。
たんぱく質グループ

血や肉、骨になります。下のような食品から1~2品、食べさせてね。

  • 全卵
    オムレツ、スクランブルエッグで。
    1回分の量:1/2個
  • 赤身魚~青皮魚
    いわし、さんまなどを十分に加熱して。
  • 白身魚
    バター焼きやムニエルで。
    1回分の量:魚15g
  • レバー
  • ひき肉
    鶏・牛肉(赤身)のひき肉を使ってミートボールやハンバーグなど。
    1回分の量:肉15g
  • チーズ
  • とうふ
    焼いたりゆでたりして。
    1回分の量:45g
  • 納豆
  • きな粉
  • ヨーグルト(無糖)
    1回分の量:80g
ビタミン・ミネラルグループ

からだの調子を整えるものです。こんなものを食べさせてね。

  • 野菜
    繊維の多いものなど、消化の悪いものを除いてほとんどOK。緑黄色野菜は欠かさないようにしましょう。
  • 季節の新鮮なくだもの
    1回分の量:野菜、くだもの30g~40g
pagetop

../../..

https://www.mamecomi.jp

/recipe/babyfood/age/latterperiod

OPEN

0