menu
ログイン
home > 母乳研究  > 母乳のヒミツ  > ケーツーシロップを投与するのはなぜ!?

母乳のヒミツ

ケーツーシロップを投与するのはなぜ!?

母乳は乳児にとって最良の栄養ですが、中には母乳だけでは不足することのある栄養素もあります。その代表が「ビタミンK」です。

ビタミンKは出血を止めるときにはたらく成分で、赤ちゃん、とくに新生児にとって必須の栄養素なんです。
しかし、胎盤透過しにくいため、生まれてくる赤ちゃんの体内には微量の蓄えしかありません。さらに赤ちゃんの場合、腸内細菌で作りだす能力も弱いのです。

また、母乳中のビタミンKは産後日数とともに含量が少なくなるだけでなく、個人差が大きくて、その量が極めて少ないママもいます。

ビタミンKが少ない場合、重篤な出血を起こす恐れもあります。これを「ビタミンK欠乏性出血症」と呼びます。

そのため病産院では、その予防のために、出生時・生後1週間(産院退院時)・生後1か月健診時の計3回、ビタミンK製剤(ビタミンK2シロップ剤)の投与が行われます。(母乳哺育の場合、その後も生後3か月まで週1回投与する場合があります。)

赤ちゃんのすこやかな成長のために必要な投与ですので、忘れずに受けてくださいね。


※ビタミンK2シロップ剤の投与は、医師の指示のもと行ってください。つい忘れてしまったからといって自己判断で投与したりしないようにしてください。

母乳のヒミツ一覧

pagetop

../..

https://www.mamecomi.jp

/research/milk/54

OPEN

0